神秘的な湖の知床へ行ってみよう!周辺のおすすめスポット3選

神秘的な5つの湖からなる知床五湖

2005年に世界遺産に登録された知床。知床といえば、知床五湖を思い浮かべる人が多いでしょう。女満別空港からバスで約2時間かけてウトロ温泉ターミナルへ行き、そこからさらにバスで約25分かかります。もちろん空港でレンタカーを借りても良いです。知床五湖には地上遊歩道が整備されていますが、ヒグマの活動期に当たる5月中旬から7月下旬にかけてはガイドの案内が必要になります。ガイドからは知床の歴史や地形、自然や動植物について話があるので、それを聞くのもとても面白いです。高架木道展望台から一湖を望む知床連山や、原生林を湖面に写す風景は実に神秘的です。また知床五湖では、一人から参加できる一周ツアーを開催しています。約4時間のツアーでは、ヒグマの足跡や木に残る爪痕などを間近に見ることができ、その気配を感じ取ることができます。また、ツアーに参加すれば宿泊先まで送迎してくれるサービスがあります。

知床八景に数えられるカムイワッカ湯の滝

知床半島は急峻な崖が続いている地形であるため、滝が多いことが大きな特徴です。知床硫黄山の中腹から湧き出る温泉が流れ込むカムイワッカ湯の滝は、約100mの沢登りを楽しむことができます。知床八景にも数えられるカムイワッカ湯の滝へのアクセスは、バスかタクシーに限られます。マイカー規制がある8〜9月の時期はバスがありますが、それ以外はタクシーの利用となります。

国道沿いにあるオシンコシンの滝

知床斜里から知床五湖へ向かう国道沿いにはオシンコシンの滝があります。この滝の落差は約25mあり、さらに水量が多いため迫力ある風景を楽しめます。

ヤートラルートで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です