瀬戸内海に浮かぶ小豆島!おススメ観光スポットを紹介

小豆島とはどんなところ?

瀬戸内海に浮かぶ小豆島は、香川県小豆郡に属し小豆島町と土庄町の2町から成り立っています。小豆島は素麺や醤油、佃煮や胡麻油などの生産が盛んな地域ですが、特にオリーブの生産地として有名です。また女性教師と小学校に入学した12人の生徒との触れ合いを題材とした有名小説で、映画のロケ地となったことでも知られています。

“瀬戸内海に浮かぶ小豆島!おススメ観光スポットを紹介” の続きを読む

悠久の時が作り出した自然の造形美!帝釈峡に行ってみよう

帝釈峡とはどんなところ?

帝釈峡とは、帝釈川が石灰岩のカルスト台地を侵食してできた全長約18kmの渓谷です。ここは中国山地に位置する広島県北東部の庄原市と神石郡神石高原町にまたがっていて、国の名勝にも指定されています。日本百景の1つとして有名であり、三段峡と共に広島県を代表する景勝地としてたくさんの観光客が訪れています。奥行きが200mの鍾乳洞である白雲洞をはじめとして、遡上する魚を拒むほどの激流が落ちる断魚渓や、素麺滝など見どころがたくさんあります。

“悠久の時が作り出した自然の造形美!帝釈峡に行ってみよう” の続きを読む

アルピニストの聖地である上高地を楽しもう!おすすめスポット3選

上高地とはどんなところ?

上高地は北アルプスの南部に位置する、標高1500mを流れる梓川沿いに開けた山岳景勝地です。特別名勝と特別天然記念物に指定されていますが、冬季は雪に閉ざされるため開山時期が定められています。上高地は松本駅から松本電鉄上高地線に乗に乗り換えて新島々駅まで行き、そこからバスで向かいます。また新宿駅と上高地とを結ぶバスが運行されているので、それを利用しても良いです。さらにマイカーに関しては、中の湯と上高地間が一般車両の乗り入れが禁止されています。そのため、駐車場からシャトルバスを利用することになります。

“アルピニストの聖地である上高地を楽しもう!おすすめスポット3選” の続きを読む

奥入瀬渓流散策で美しい自然を感じ取ってみよう!

渓流沿いの遊歩道を歩いてみよう

青森県にある奥入瀬渓流は、十和田湖を源流とする奥入瀬川の上流部であり、川の起点となる子ノ口から焼山までは約14kmの距離があります。奥入瀬渓流は大小いくつもの滝や奇岩怪石が続く景勝地であることから、国の特別名勝及び天然記念物に指定されています。渓流沿いの遊歩道には遊歩道が整備されていて、起伏が少ないのとても歩きやすいです。ただし全コース歩くと約4時間以上かかるため、全部歩く場合は日程にゆとりを必要とします。もし急いで巡りたいならば、レンタサイクルを利用することをおすすめします。

“奥入瀬渓流散策で美しい自然を感じ取ってみよう!” の続きを読む

神秘的な湖の知床へ行ってみよう!周辺のおすすめスポット3選

神秘的な5つの湖からなる知床五湖

2005年に世界遺産に登録された知床。知床といえば、知床五湖を思い浮かべる人が多いでしょう。女満別空港からバスで約2時間かけてウトロ温泉ターミナルへ行き、そこからさらにバスで約25分かかります。もちろん空港でレンタカーを借りても良いです。知床五湖には地上遊歩道が整備されていますが、ヒグマの活動期に当たる5月中旬から7月下旬にかけてはガイドの案内が必要になります。ガイドからは知床の歴史や地形、自然や動植物について話があるので、それを聞くのもとても面白いです。高架木道展望台から一湖を望む知床連山や、原生林を湖面に写す風景は実に神秘的です。また知床五湖では、一人から参加できる一周ツアーを開催しています。約4時間のツアーでは、ヒグマの足跡や木に残る爪痕などを間近に見ることができ、その気配を感じ取ることができます。また、ツアーに参加すれば宿泊先まで送迎してくれるサービスがあります。

“神秘的な湖の知床へ行ってみよう!周辺のおすすめスポット3選” の続きを読む

旅行したい!違う感覚を味わって気分転換に!

日々の暮らしとは一味違う世界へ

どこかいきたい!そう思っている人は多いでことでしょう。
日々同じことを繰り返していると慣れが生じて刺激がなくなるものです。
どこか遠くへいきたい!何もかも忘れたい!ワクワクしたい!刺激が欲しい!癒されたい!
と、いろいろな思いで人は旅にでます。
みなさんもちょっと普段の生活とは違う感覚を味わいに行ってみませんか?

“旅行したい!違う感覚を味わって気分転換に!” の続きを読む

カップルで国内旅行をする場合の過ごし方とは!?

カップルに人気の過ごし方

恋人同士で国内旅行をする場合の過ごし方として最も多いのは観光名所巡りです。北海道や京都などは恋人同士にも人気があります。東京や大阪でグルメやショッピングを楽しむ人たちもいます。特に何もせずゆっくりとした時間を過ごすケースも多く見られます。テーマパークも恋人たちに人気のスポットです。その他にも様々なアクティビティを恋人と一緒に過ごすという人が多く見られます。実際に旅行に出かける前にテーマを決めて、相手の意見を採用しつつ計画を立てるという人もいます。しかし特に計画を立てずに現地へ行き、そのときの気分に合わせて行動するという人も存在します。旅行の楽しみ方は人それぞれなので、1つの正解があるわけではありません。大切なことは恋人と心から楽しいと思える時間を過ごすことです。

“カップルで国内旅行をする場合の過ごし方とは!?” の続きを読む

千葉の房総半島に行ってみよう!!最適なお土産は何?

房総半島の海岸沿いに行くときのお土産

関東地方の中で最も南に位置するのが房総半島です。冬はもちろん寒いですが、太平洋側は雪が降るほど寒くなるのはまれで日差しがあると暖かさを感じるときもあります。1年を通して旅行をするのに最適な場所と言えるかもしれません。日帰りバスツアーの設定も1年を通して行われているので、いろいろな季節に行ってみると良いでしょう。もし房総半島の海岸沿いにツアーを利用して行ったとき、買いたいお土産として、いくつかが挙げられます。まずは佃煮関係です。海産物を利用したもので、クジラの肉を使ったものなどもあります。その他良く獲れるイワシを使ったお土産も人気があります。まずは土産売り場で試食をして、美味しいと思ったものを買うといいでしょう。

“千葉の房総半島に行ってみよう!!最適なお土産は何?” の続きを読む

一人でバスツアーに参加する人はいる?一人限定ツアーに参加してみよう!!

バスツアーに一人で参加しても楽しめるか

気軽に楽しめるのがバスツアーで、空きがあれば当日に申し込んでも利用できるときがあります。急に時間ができた時にたまたまいいツアーを見つけたので参加しようとする人がいるかもしれません。しかし急なので知り合いなどを誘えず一人での参加の時もあります。他にも一人で参加している人がたくさんいるなら寂しい思いをしなくても済みそうですが、ある旅行会社のデータではツアーに参加する人たちの大半は複数人で一緒に申し込んでいます。その中でも二人の申し込みが結構いて、一人で申し込む人はかなり少ないようです。連れがいる人に声をかけたりはしにくくなるでしょうから、一人で旅程を楽しむしかないでしょう。

“一人でバスツアーに参加する人はいる?一人限定ツアーに参加してみよう!!” の続きを読む

長崎の観光といえばココ!長崎市観光スポット3選

長崎市ってどんな街?

江戸時代から続く国際都市長崎市。九州の北西部に位置する都市で、長崎県の県庁所在地のある市です。面積は約405平方キロメートル、人口は約42万人です。江戸時代には国内唯一の貿易港である出島がありました。外国からの流入文化の影響や、坂の多いロケーションであることから、他の都市とは異なる景観を有しています。

“長崎の観光といえばココ!長崎市観光スポット3選” の続きを読む